わふうの人が書いてます。

iOSアプリケーション開発、BLEのファームウェアとハードウェア試作のフリーランスエンジニア。

MacのVMwareのWindowsからSM-BCR2を使う

シマノ製の電動ギアチェンジの自転車を購入したので、MacのVMwareのWindowsから、そのファームウェアを最新版に更新しようとしました。

自転車本体に内蔵した電池の充電と、PCからUSB接続でファームウェア更新や設定ができるUSBアダプタにもなるのが、SM-BCR2 https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/duraace-r9150-di2/SM-BCR2.html です。

E-TUBE PROJECT https://e-tubeproject.shimano.com/?lang=ja で公開されているWindowsソフトウェアで、動くはずです。
しかし、MacのVMwareのWindowsで、ソフトウェアをインストールしても、SM-BCR2を認識できないとダイアログが表示されるばかりです。デバイスマネージャを開くと、COMポートの下、COM3でSM-BCR2が認識されているので、ドライバの問題ではありません。

ここの動画 https://www.youtube.com/watch?v=9oKOvXT_NN8 で解説されていますが、これは、一度Windowsアプリケーションを起動して、デバイスが認識できないダイアログを表示させ、その状態でSM-BCR2をUSBに接続し、Windowsに接続、そしてVMwareのメニューで、USBの切断と接続を行うと、認識されます。

ファームウェアを更新しても、電池が旧型、SM-BTR2 https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/ultegra-6870-di2/SM-BTR2.html、だとシンクロシフト機能は有効になりません。新型の電池 BT-DN110 https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/ultegra-r8050-di2/BT-DN110-A.html を使う必要があるそうです。制御回路本体が、電池と一体化しているのでしょう。